美容

化粧下地の役割と使い方

下記動画テキストです。

近年BB、CCクリームの人気が続いており、化粧下地を使用したり、リキッドやパウダーファンデーションを使う方も少なくなってきたかもしれません。

ベースメイクを上手に活用し、肌質を美しく見せると印象が変わりますので、「化粧下地」についてご紹介します。

 

<化粧下地の主な目的>

・ファンデーションのノリ、付きをよくする

・色付きのベースは、肌色コントロールする(赤みなど)

・化粧が長持ちする

・美容液効果で肌の乾燥を防ぐ

・毛穴の凹凸、シミ、くすみをカバーする

・外部刺激から肌を保護する

・紫外線から肌を守る

など。

 

化粧下地選びは大きく2パターンあります。

・肌の乾燥を防ぐ、美容液タイプまたは化粧崩れを防ぐタイプ。

・毛穴、色ムラをカバーし肌色コントロールする色付きタイプか透明タイプ

 

高保湿と、崩れ防止の下地は肌質や季節で選びます。

私は、乾燥しやすいので、高保湿タイプの下地を選んでいます。

 

現在はマキアレイベルモイストリッチベースを使用しています。

 

化粧下地には、無色に近いタイプとしっかり色がついているタイプがあります。

カラータイプは、イエロー、ピンク、グリーン、ブルーなどがありますが、よほど肌色に悩みを持っていなければ、ピンクか、ベージュが無難です。

赤みが気になる方はややベージュの下地を。

血色よく、色白肌に見せたい場合はピンクなどを選びます。

 

薄いグリーンの下地は色白に見えますが、濃い目のグリーンやブルーの下地やコントロールカラーを顔全部に塗るのはお勧めしません。

肌が焼けている場合や地黒の方はベージュやピンクなど色付きの下地を使うと、下地を塗るだけで肌が真っ白に見えてしまいます。

首との色の境が出来やすいため、顔だけ不自然に白く見せたくない場合は、透明に近い下地を選んでください。

 

下地の量は1.5cm程を手の甲に取り、顔全体に優しく伸ばしていきます。

目元や鼻周りも丁寧につけていきます。

 

カバー力の高いファンデーションで肌を隠すより、化粧下地や普通のファンデーションで自然に仕上げた方が、肌も綺麗に見え、崩れ方も汚くなりません。

 

肌の凹凸が気になる場合や、クマやシミ、顔の赤みなどはほとんど「部分的」なので

気になる場合はその部分だけカバーしてください。

 

次回、コンシーラーに続きます。

関連記事

  1. メイク

    オススメのポイントメイク

    ポイントメイク商品の発売時期は、春夏向け、秋冬向け、クリスマス時期、…

  2. 美容

    フェースパウダーの種類と使い方

    下記動画テキストです。https://youtu.be/z8X…

  3. 化粧品、医薬品、健康食品成分

    ビタミンD【骨の健康に欠かせない】

    以下、動画テキストです。https://youtu.be/x5…

  4. 化粧品、医薬品、健康食品成分

    ビタミンA【目の健康とシワに】

    今回のテーマは脂溶性ビタミン「A・D・K」をご紹介致します。以下、…

  5. メイク

    イエロー&ブラウンメイク

    今回のメイク動画は「イエロー&ブラウンメイク」です。https…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. アスタリフトについて
  2. ベトナムグルメ
  3. Vietbeauty 2019
  4. 卵殻膜
  5. アスタリフト

  1. 化粧品、医薬品、健康食品成分

    アスタリフト
  2. 化粧品、医薬品、健康食品成分

    私が”アイクリーム”を使い続ける理由
  3. 化粧品、医薬品、健康食品成分

    ビタミンE
  4. 糖質制限

    食事回数について
  5. 予防

    花粉対策
PAGE TOP