化粧品、医薬品、健康食品成分

デルメッド

以下、動画テキストです。

今回のテーマは「デルメッド」について
こちらは三省製薬株式会社さんのスキンケアです。
(以下敬称略)

三省製薬は昭和35年(1960年)創業。
三省製薬の前身となる「陣内三省堂薬局」は明治20年(1887年)に開業され、地域に根ざした薬局。
歴史ある企業です。

美白が好きな方はご存知の「コウジ酸」は厚生労働省認可の美白有効成分の一つで昭和63年(1988年)認可

開発元は三省製薬です。

コーセーの美白スキンケアにも配合されていますので、使ったことがある方もいらっしゃると思います。

今回試してみたデルメッドは「シミもハリも一挙に“成分開発型”エイジングケア」。

特徴成分は
・シャクヤクエキス
・ピュールブランW
・STミロバラン

<シャクヤクエキス>
HSP様活性・保湿成分。
光老化の原因“炎症”を抑えて、ハリとシミをケアします。
無農薬・無化学肥料で栽培された「芍薬」より抽出したエキスからつくり出した成分。
光老化の原因の1つである紫外線による“炎症”に働きかけ、肌本来の免疫力や回復力を高めるHSP(ヒートショックプロテイン)を誘導する働きによって、ハリとシミを同時にケアします。
このヒートショックプロテインとは、傷んだ細胞を修復する働きを持つたんぱく質のことです。

<STミロバラン>
コラーゲン分解を抑制し、お肌のハリを守ります。
インドの民間療法・アーユルヴェーダで使われてきた「セイタカミロバラン」の果実が原料の成分。
ポリフェノールの一種であるタンニンが豊富に含まれており、高い抗酸化作用や、ハリと潤いのある肌を支えるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を分解する酵素の活性も強力に抑制。
シワやたるみを生み出す原因となるフリーラジカルを抑えるとともに、肌がもともと持っているコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸をしっかり守ることで、新たなシワ・たるみの発生を防ぎます。

<ピュールブランW(複合成分)>
メラニン生成を4重ブロック、シミを作らせません。
美白に定評のある「ブドウ糖結合型ビタミンC」に、自然由来の素材から抽出したエキスを掛け合わせ、アプローチを強化した成分。メラニン生成の過程に働きかける4重ブロックで、シミがつくられるのをストップします。

<使い方>
・化粧水
①500円玉大のローションを手に取り、手の平を使いお顔全体になじませる。
②しっかりなじんだら、さらに100円玉大のローションを手の平に出し、角質層まで行き届くように2度づけを。

・乳液状美容液
①1プッシュ(100円玉大)を手の平に取り、お顔全体にのばす。
②軽くパッティングしながらなじませる。
③手の平にピタッとお肌が吸いつくようになったら、両手でお顔を包み込む。

・化粧下地
①パール粒2個分を指先に取り、両頬・額・鼻・あごと首筋に面状に置き、中心から外側へのばす。
②シワが気になる部分はシワをのばしながらムラなく。最後に、手の平でお肌を包み、密着させる。

三省製薬は主に植物や微生物等の天然由来の素材から、高い有効性を有する化粧品成分を開発しているメーカーです。
自社開発成分をたっぷりと使ったスキンケア。
気になる方はトライアルもありますので是非使ってみて下さいね。

関連記事

  1. 化粧品、医薬品、健康食品成分

    青汁の種類と特徴【大麦若葉・ケール・明日葉】

    以下動画テキストです。【大麦若葉・ケール】https://yo…

  2. 美容

    秋の肌ケアについて

    以下、動画テキストです。【夏の肌環境】https://yout…

  3. スキンケア

    一つで複数の利点があるものを好む【ビタミンC(美容液)】

    前回はビタミンC摂取による風邪予防への期待と効果について記しました。…

  4. 美容

    ファンデーションの選び方と使い方

    ファンデーションの種類は大きく5種類あります。・パウダーファン…

  5. 化粧品、医薬品、健康食品成分

    しわ、たるみ肌対策

    【ハリを高める3つの方法とメカニズム:前編】https://you…

  6. 美容

    武漢での出来事

    中国への出張は4度目。武漢へは初めて降り立ちました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. アスタリフトについて
  2. ベトナムグルメ
  3. Vietbeauty 2019
  4. 卵殻膜
  5. アスタリフト

  1. 美容

    武漢での出来事
  2. その他

    フィリピン③「初めてのフィリピン2日目」
  3. メイク

    ブルーメイク
  4. 化粧品、医薬品、健康食品成分

    ビタミンK【目のクマに活躍】
  5. その他

    防災意識
PAGE TOP