化粧品、医薬品、健康食品成分

フラーレン

フラーレンについての動画のテキストです。

(参考:ビタミンC60バイオリサーチ株式会社、美肌総合研究所)

フラーレンが化粧品に使用され始めたのは2005年頃の事のようですから、比較的新しい成分です。

 

フラーレンの主な効果は「抗酸化作用」。

特徴は持続力と安定性です。

活性酸素のうち、スーパーオキシド、ヒドロキシラジカル、過酸化水素に対してより効果が高いようです。

 

フラーレンは、1985年に宇宙空間に漂う星間物質を研究していた、ハロルド・クロトー、リチャード・スモーリー、ロバート・カールら(敬称略)によって初めて発見され、

この3名の研究者は、1996年にノーベル化学賞を受賞しています。

フラーレンの形はサッカーボールのような形をしており5角形の面12個、6角形の面20個からなります。

 

高い抗酸化力があり

・メラニン生成抑制による美白・しわ改善・ニキビ改善・保湿・毛穴ひきしめ・赤み改善

などの肌悩みが気になる方に改善効果があるいうことについて

ビタミンC60 バイオリサーチ株式会社さんのサイトでエビデンスデータが掲載されております。

 

フラーレンには種類とロゴマークがあります。(参考:フラーレン美ラボ)

「ラジカルスポンジ」

特徴は

・世界初の水溶性フラーレン。あらゆる製品への配合が可能に。

・強くて持続性のある抗酸化力と刺激の少なさを併せ持つ、ドクターズコスメの定番

活性酸素がシミやシワといった様々な肌トラブルの要因になっているため、化粧品へ配合したときの効果が期待されます。

フラーレンは水に全く溶けず、油にもほとんど溶けない為、実用化は非常に困難でしたが、2005年、世界に先駆け水に溶解できるフラーレン化粧品原料「ラジカルスポンジ」が開発され、広く化粧品に配合できるようになりました。

 

「リポフラーレン」

・抗酸化力はそのままに、クリームなどの油分の多い化粧品へ配合可能に。

・植物性スクワランに融解して作られているので、肌にやさしい。

水溶性フラーレンの後、油溶性のフラーレン化粧品原料を求める声が出てきました。

そこで開発されたのが、「リポフラーレン」です。

ほとんど油にも溶かすことができないフラーレンですが、植物性スクワランにフラーレンを溶解したリポフラーレンが開発されました。

 

「ヴェールフラーレン」

・パウダー化により、メイクアップ用品へも配合可能に

・フラーレンの「美容効果」は健在

・肌の外側で抗酸化力を発揮しメイクをしながらスキンケア効果も。

 

ヴェールフラーレンに人工的に作った皮脂を加えて、皮脂の酸化を調べると皮脂の酸化を抑えることが解りました

これまでのフラーレン化粧品原料は主に肌の内側(角層や表皮)で働くものが多いのですが、このヴェールフラーレンは肌の表面で皮脂の酸化をブロックします。

 

「モイストフラーレン」

・抗酸化力に「保湿と浸透性」をプラス。

・ナノカプセルで、肌なじみがいい

・成分が時間をかけて浸透し、保湿持続時間が長い

モイストフラーレンは、お肌や植物を構成する要素の一つである「レシチン」と「フィトステロールズ」が一緒に働き、フラーレンと共にお肌の奥にゆっくりと浸透していきます。

その為お肌の奥で長時間にわたり強力に活性酸素を除去します。

 

フラーレンの美肌効果は多く、多様な基材に配合できますので、より良い化粧品が増えてくることも楽しみですね。

関連記事

  1. 美容

    秋メイク(KATE ヴィンテージモードアイズ RD-1)

    今回はKATEの新色”KATE ヴィンテージモードアイズ RD-1”を…

  2. 化粧品、医薬品、健康食品成分

    還元型コエンザイムQ10

    以下動画テキストです。【還元型コエンザイムQ10の役割】…

  3. YouTube

    動画配信を始めて

    2017年7月17日に1本目をアップしてから一年経ちました。動…

  4. 化粧品、医薬品、健康食品成分

    鉄の特徴と役割

    今回のテーマは「鉄分」について特徴や役割をご紹介致します。下記…

  5. 美容

    クレンジングの種類と選び方

    以下、動画テキストです。【役割、使い方編】【#13】htt…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. アスタリフトについて
  2. ベトナムグルメ
  3. Vietbeauty 2019
  4. 卵殻膜
  5. アスタリフト

  1. 美容

    デコルテケア【透明感のある美しいデコルテへ】
  2. その他

    腸炎にご用心
  3. その他

    香港①
  4. 化粧品、医薬品、健康食品成分

    卵殻膜
  5. 社会人になってからの学びは面白い
PAGE TOP